メインビジュアル

名古屋 天白区 犬と猫の動物病院 去勢手術・避妊手術・予防接種 日曜日・祝日診療

〒468-0055 愛知県名古屋市天白区池場3丁目208番地

お問い合わせ052-618-9307

MENU

避妊去勢手術 contraception

ポイント図
去勢写真

避妊去勢を考えている方

望まぬ妊娠を避けるだけでなく、健康と長生きのために避妊去勢手術を選択する飼い主さんが増えていると感じます。
繁殖を希望されていないのであれば、生後6か月前後に避妊去勢手術を行うことをお勧めしております。

当院では、事前の検査を綿密に行うこと、その子にあった麻酔計画で麻酔のリスクを軽減するよう努めております。
術後のケアや生活に不安を感じる飼い主様も多いと思いますが、麻酔や手術の負担を少なく実施するため、術後もほとんどのケースでエリザベスカラーや術後服は不要です。普段通りに過ごしてもらい、翌日から散歩も行くことができます。

 

ご家族とワンちゃん猫ちゃんにとって、最善の選択となりますよう、納得いくまでご相談ください。
手術は完全予約制となりますので、お電話かご来院にて予約をお願いします。

 

どのような手術?

去勢手術:精巣を摘出します。
避妊手術:子宮と卵巣を摘出します。

 

 

メリットデメリットは?

 

避妊手術のメリット

望まない妊娠を避けることができます。
子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍などの生殖器の病気を予防できます。
発情に関わるストレス、体調の変化から解放されます。
特にワンちゃんでは、「偽妊娠」になることがありますが、避妊手術をしておくことで、未然に防げます。
尿マーキング、発情に伴う鳴き声などの問題行動の解決につながる可能性があります。

 

 

去勢手術のメリット

望まない妊娠をさせてしまうことを防ぎます。
精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、前立腺肥大などの病気が予防できます。
女の子を求める発情に伴うストレスが緩和されます。
尿マーキング、マウンティング、縄張り意識からくるケンカなどの問題行動の解決につながる可能性があります。

 

 

避妊去勢手術のデメリット

全身麻酔下で手術を行いますので、麻酔や手術のリスクがゼロではありません。
太りやすくなります。
交配ができなくなります。

 

 

 

いつがいい?

 

子犬、子猫の場合

男の子女の子ともに、6ヶ月齢前後がおすすめです。
特に女の子では、犬猫共に、初回発情前の避妊手術が乳腺腫瘍の発生率を有意に下げることが証明されています。
※初回発情:個体差がありますが、6~8ヶ月齢に迎えることが多いです。

 

 

成犬、成猫の場合

成犬に関しては、発情中および発情後2か月は避妊手術は避けましょう。
成猫はいつでも可能です。
初回発情をすでに迎えた女の子も、2回目の発情を迎える前に避妊手術をすることで、乳腺腫瘍の予防効果は期待できます。

手術を予約済の方(手術をうけるにあたって)

混合ワクチンはなるべく事前に済ませておきましょう。
抜糸までシャンプーを控えていただくので、前日までに済ませておいてください。

 

 

避妊去勢手術

 

 

手術お預かりからお迎えまでの流れ

  1. 01当日朝から絶飲絶食となります。
    置きえさの場合は就寝時には下げてください。お水を下げるのは当日の朝からで構いません。
  2. 02予約日当日の12時までに病院にお入りください。
    ※手術当日は、獣医師から手術の説明があります。
    診察と同様の順番でご案内となりますのでお時間に余裕をもっていらしてください。
    待ち時間軽減のためにも便利なWEB受付をご利用ください。

     

    ※男の子
    睾丸が2つ触れない場合は事前に診察にいらしてください
    ※女の子
    ワンちゃんの場合、外陰部から発情出血が見られる場合は約2ヶ月後以降に手術は延期となります

  3. 03お預かり
    お預かり後、術前検査として各種身体検査と血液検査を実施し、手術を行います。
    覚醒後は、そのまま1泊お泊まりです。
  4. 04退院
    診療時間内にお迎えにいらしてください

手術を終えた方(術後の注意事項)

手術翌日から食事、お散歩OKです。
 (傷が不衛生になる環境へは連れて行かないでください)
シャンプーは抜糸まで控えてください。
手術後10日以降、抜糸にご来院ください(オス猫は不要です)。
皮膚の糸を取ってしまった場合も、皮膚が離開しにくい縫合を行っておりますので、傷が開くことはまれで、右のような状態であれば問題ありません。
体調不良がありましたら受診してください。
傷をやたらと舐める、ジュクジュクするなどの場合は、エリザベスカラーや追加の飲み薬を処方し治療することもあるので必ずご相談ください。

 

 

術後の写真

一番上の糸がとれた状態でも、このように傷がくっついていれば問題ありません。
TOP
Web受付
待合状況の
確認はこちら
Web受付
診療予約